地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、内房の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

内房の地域情報サイト「まいぷれ」

ふるさと納税で日本を元気に!~おすすめ返礼品特集~

職人が手掛けた逸品たち ~千葉県柏市~

編集部が人気の返礼品を紹介します

千葉県柏市といえば、今年も大活躍したJ1リーグの柏レイソル!そして、お隣の我孫子市と合同開催している手賀沼花火大会は夏の風物詩です。

JRと東武鉄道が乗り入れている柏駅周辺には商業施設が集中して賑やかですが、駅から少し離れると畑や田んぼが広がる穏やかな田園風景です。生産量日本一を誇るかぶをはじめ、季節ごとに様々な野菜が栽培され、手賀沼周辺はその水源を利用して稲作も盛んです。

そんな柏市は2017年10月より、ふるさと納税寄附者への返礼品提供を始めました。旬の野菜や果物、お米はもちろん、地元で人気の飲食店グルメなどを選りすぐって全国の寄附者に届けています。

今回は数ある返礼品の中から柏市の職人が手掛けた貴重な品、地元の人にも人気のシリーズから、「柏で作っていたの?」という驚きのものまでを多彩に紹介します。

【NUIZA縫EMON】柔らかくて優しい手触りの“柏レザー”バッグ

“柏レザー”をご存知ですか。素材にこだわる職人は、革をなめすところから手掛けています。

(NUIZA縫EMON 代表取締役 飯島 暁史さん)

柏レザートートバッグペンケースなど

「2011年3月11日東日本大震災で被災し、多くのものを失った中、鞄職人として築き上げてきた技と誇りが失われることはなかった」。そう語る飯島さんは、柏に「NUIZA縫EMON」を開業し、地元の発展に一翼を担いたいという想いを持ち続けています。柏ブランドの「柏幻霜(かしわげんそう)ポーク」の原皮から「KASHIWA LEATHER(柏レザー)」を誕生させたのもそんな想いから。「皮を革として生かす」ことで、地元の畜産が次の産業へとつながりました。
上質な革だからこそ、その柔らかくて優しい手触り、軽さ、通気性などを楽しめるよう、装飾を控えたデザインに仕上げます。流行に左右されずに、幅広い年齢層が長く使えるよう、機能性にこだわったシンプルなデザインで仕上げているのです。

【NUIZA縫EMON】の返礼品お申し込みはこちら
(寄附額:10,000円以上)

柏レザー製品の魅力はこちら

【まくら株式会社】一度使ったらもう手放せない、おどろきの枕シリーズ

たかが枕、されど枕! 自分に合った枕でぐっすり眠れば、明日の活力が湧いてきます!(まくら(株)が作ったまくら ほか

代表取締役 河元 智行氏

「自分の布団で試しに寝てみないと、本当に自分に合った枕は見つからない」。そんな一つの気づきから、創業者・河元社長は枕の知識を深め、枕の重要性を実感し、枕の選び方や使い方をポータルサイトで発信していくようになりました。
安眠と休息に関わるあらゆる物をプロデュースしている眠りの総合商社「まくら株式会社」。熱がこもらず涼しいそば殻枕、炭化させて炭の魅力を最大限に引き出した繊維で枕の生地を作った“眠っている間のビューティーケア”をテーマにした枕、最高級ダウンとシルク生地を使用した極上枕、王様の足枕など、一度使ったらもう手放せない、おどろきの枕をそろえています。

【まくら株式会社】の返礼品お申し込みはこちら

(寄附額:10,000円以上)

枕のいろいろ、魅力とヒミツはこちら

【株式会社 五香刃物製作所】切れ味バツグン!料理好きになれる包丁

刃をあてると、すぅーっと切れます!

代表取締役 八間川(やまかわ)憲彦氏

「日本の鍛冶屋の技術は優れている。世界も認めるこの技術を残し、継承者を育てなくちゃならない」と熱い胸の内を語る八間川代表。
「どこの刃物専門店に並べても恥ずかしくない」という刃物は伝統工芸品の指定を受け、その技術は本物です。「本当によい刃物を探している」というプロの料理人や、日本で購入して自国に持ち帰った方から聞いたと海外からも注文が入ります。
一方で、地元でのイベント出店や、地域の方々の砥ぎ直しなど、地元に根差した活動もしています。
職人が作る「五香刃物製作所の牛刀」は、包丁の重みでスッと素材を切り、余計な力は要りません。メンテナンスしながら使い込んで、長く大切に愛用してください。

 

※一本一本手作りの為、寄附入金確認後3か月程してからの発送となります。

【株式会社 五香刃物製作所】の返礼品お申し込みはこちら

(寄附額:50,000円以上)

この包丁の魅力はこちら

【有限会社 柏ビーズ】輝きも手触りも最上級!芸術的なお財布

「手触りがなめらか!」触れてみると、その感触に感動ですよ!

グラスビーズ財布

社長の仙田和雅さん

「3粒だとビーズが浮いてしまうし、丈夫ではない。2粒ずつ、一針一針、ビーズが浮かないように垂直に針を刺して縫い付ける」と、有限会社柏ビーズの三代目代表・仙田和雅さん。
使うのは、世界的にも最高級と認められている直径1.4mmから1.9mmのグラスビーズ。熟練の職人がその小さなビーズで躍動感や立体感を表現し、極上の手触りと輝きを持つ一品に仕立てます。
父である二代目・仙田秀一さんは、卓越した技能を持つ平成26年度の「現代の名工」に選ばれ、平成27年には『黄綬褒章』を授与されました。受け継がれる職人魂から生まれる、日本の美しいビーズは一生もの。和装にも、洋装にもピッタリな色柄をラインアップしました。

【有限会社 柏ビーズ】の返礼品お申し込みはこちら

(寄附額:40,000円以上)

ビーズ細工の魅力はこちら

【hanelca】オシャレで便利な、風呂敷生活を始めませんか

風呂敷をくるくるくるっと、スリング(吊り具)でまとめると、バッグに変身!

代表の川浦亜弥さん

「henelca(ハネルカ)は私たち夫婦が立ち上げた、旅がテーマのブランド。柏発のブランドを自信をもって全国に発信したい」と、商品デザインを担当する代表の川浦さん。国産の素材だけを使うことにこだわり、日本の伝統的な柄を現代風にアレンジ、古来より伝わる色を使用し、日本らしさを表現しています。そんな日本の「粋」を現代に取り込んだ柏発テキスタイルデザインブランドが手掛ける風呂敷は、畳んで、結んで、つなげて、包める、運べる、万能エコバッグ。特徴的な縞模様は「雨」がモチーフです。「日本では昔から『雨が降るとお客さんが入る』『雨降って地固まる』などと言われるように、雨は幸せを呼び込む縁起がいい柄なのです」
専用のスリング(吊り具)と、風呂敷の結び方&使い方をわかりやすく解説したシートが一緒に届きます。

【hanelca】の返礼品お申し込みはこちら

(寄附額:15,000円以上)

風呂敷&スリングの魅力はこちら

【原田かばん製造所】見た目以上の収納力!デザインもお気に入り

デザインだけじゃない、機能的にも細部までこだわっているのは、鞄のプロだから!

オリジナル ベジスカルシリーズ トートバック など

原田正恭さん

「ファッション全体が好きで、かばんはその一部。生活スタイルの中でものづくりができること、デザインができることが喜び」と語るのは、柏市で長年鞄製作に携わってきた原田かばん製造所の原田さん。18歳から洋服のデザインを始め、テキスタイルのデザイン・販売をしてきました。
厚みがあるけど軽くて丈夫な日本製帆布8号の生地を使ったトートバッグは水洗いができ、収納力や使いやすさを考え抜いてデザインされています。カラフルなイラストは、画家である娘さんの原田桃子さんの描き下ろし。
サイズもminiからビッグまで豊富にそろっているので、お好みのバッグを選んでください。Bigサイズのトートバッグは、撥水加工も施されています。

【原田かばん製造所】の返礼品お申込みはこちら

(寄附額:20,000円以上)

ベジスカルシリーズ トートバックの魅力はこちら


関連記事:

『まいぷれ柏市』ふるさと納税で日本を元気に!~柏市~

※柏市には他にも魅力的な返礼品がたくさんあります。ぜひ、ご覧ください。